町有地活用コミュニティライフ構想

vision
雫石町第二次総合計画のモデルプロジェクトの一環としての、14ha町有地(雫石町沼返)の活用に係る計画書を作成しました。

今後は、(株)コミュニティライフしずくいしが、14ha敷地全体で段階的に実施予定の様々な事業のプロデュース役として関連団体・企業(事業者)・町民の方々といった多様な組織や人材をつなぎ、調整しながら14ha町有地活用プロジェクトを推進していきます。

特に、プロジェクトの核として位置づけられている「しずくいしコモンズ(仮称)」のあり方については、14㌶敷地内で住まう方・働く方はもとより、雫石町全体、盛岡広域圏、観光客といった多様な方々が集う多世代・多機能交流拠点として親しまれる場となるよう協議していきたと考えています。

14ha敷地入り口

14ha敷地入り口